会長方針 Chairman plan

会長

2018~2019年度
宇都宮南ロータリークラブ
会長 田中正夫

 2018~2019年度のバリー・ラシン国際ロータリー会長が掲げられましたテーマは、「インスピレーションになろう」です。ロータリークラブは、  113年前の創始者ポール・ハリスのインスピレーションから始まりました。「ロータリーは今も、そしてこれからもずっと、ポール・ハリスが思い描いた団体であり続けます」とバリー・ラシン会長はメッセージに記されています。
 2018~2019年度の伊東永峯国際ロータリー第2550地区ガバナーは、今年度がポール・ハリス生誕150年の年に当たることから、彼のインスピレーションを探る努力の必要性を強調され、ロータリーの原点の再確認を求めていらっしゃいます。
 ポール・ハリスが1905年にロータリークラブを創立した当時のアメリカ、特に創立地であるシカゴのビジネス環境が、どのようなものであったかを想像してみました。既成の権威の無い自由の国アメリカで、ともすれば無秩序に私利私欲を追求するのが当然であったと想像できます。大都会シカゴではなく小さな田舎町で美徳を育んだ彼が、私欲うごめくシカゴで弁護士を開業し、同じ価値観を持つ異業種の仲間とともに創立したのがロータリークラブです。彼のように正直で誠実な職業人の集まりが、ロータリークラブの原点であると思います。
 私は、社会に貢献する職業活動を公明正大に行うことそのものが、ロータリアンが行うべき最大の奉仕であると考えています。これこそが職業奉仕です。ロータリークラブは、職業人の集まりです。職業人である会員に奉仕するのがクラブの役割と考えています。クラブの活動が会員の職業活動に役立つことが大切であって、少なくともクラブの活動が会員の負担になってはいけないと思います。当クラブの会員ひとりひとりが「宇都宮南ロータリークラブの会員で良かった!」と心から思っていただけるようなクラブ運営をめざしてまいります。皆様のご協力をお願い申し上げます。

<クラブ目標>
 会員純増 3名
 ロータリー財団寄付 一人当たり150ドル
 米山記念奨学金寄付 一人当たり19,000円


例会のご案内毎週水曜日、下記の会場で例会を開催しております。

例 会 場 : ホテルニューイタヤ
例 会 日 : 毎週水曜日
例会時間 : 午後12時30分~1時30分

〒320-0811 栃木県宇都宮市大通り2-4-6
TEL 028(635)5511(代)
URL http://newitaya.com/

Contact Us宇都宮南ロータリークラブ
E-MAIL minamirc@gmail.com