ガバナーメッセージ Governor Message

会長

国際ロータリー第2550地区
2021-22年度
ガバナー 石田 順一  

SERVE TO CHANGE LIVES
「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」

Covid-19の世界的なパンデミックが続く中、今年度の国際協議会はフロリダ州オーランドから史上初のネット空間、バーチャル国際協議会の開催となりました。
次期RI会長シェカール・メータ氏は自身の奉仕プロジェクトへの参加を通じて人間として成長したことに触れ、ほかの人のニーズに目を向けるようになったと述べ 「人のために世話をし、奉仕することが最良の生き方」なぜなら、「その経験を通じて誰かの人生だけでなく、自分人生を豊かにできるから・・・」と、メータ会長エレクトはこう述べ、奉仕プロジェクトへの参加を呼びかけました。
また、全世界の会員数は、過去20年間、約120万人のまま横ばいで、2022年7月1日までに130万人に増やすため「Each One.Bring One」(みんなが一人を入会させよう)は、今後17ヶ月間、全会員がロータリーに一人を入会させることを求められました。
もう一つの焦点は、ロータリーの活動を世界に知らせる「ロータリー奉仕デー」を実施し、ロータリーの活動を世界に示し、ロータリアン一人一人がロータリーのブランド大使となるよう奨励されました。
そして、次年度のテーマは「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」と発表されました。
ロータリーの創設はアルカポネが暗躍する荒んだシカゴにありました。そして、われわれの倫理指針たる「四つのテスト」が誕生したのは大恐慌に喘ぐ米国にあったのです。困難な時にこそ、変革が生まれ国際ロータリーが発展してきたことを忘れてはなりません。
Resilience(困難から回復)していくために、beforeコロナを懐かしみ目指すことなく、われわれが漠然と5年後、10年後にこうなると思う未来の社会を、ロータリーの揺るぎのない中核的価値観(親睦・高潔性・多様性・奉仕・リーダーシップ)を据えながら、今ここに実現させる努力が必要です。
ロータリーは、さまざまな人が参加できる開放的な組織、すべての人に公平で、善意を築き、社会に役だつ組織づくりに努めなくてはなりません。
増強は最大の社会貢献である等、良いアイデアを皆様と共に考えていきたいと思います。ロータリーは慈善団体ではありません、ロータリーは親睦とServiceとHelpful Activity(役に立つ行為)を以って人間活動の根本観念にしたいという運動です。
特殊な環境下ですが、各クラブは「今までの蓄積した特出したコンテンツ」をお持ちだと思います。その中でできうるサービス工夫を行い、共にロータリアンである喜びと、誇りをもって皆さんの隣にいる大事な仲間たちと一緒に奉仕の喜びと感動を感じとれる一年としたいと考えています。
RI会長テーマを念頭に置いて、今一度、各クラブの皆様に相互理解の上、ロータリーを発展できますようご協力をお願い申し上げます。

地区方針・目標
~ 未来のクラブを描きましょう ~

【地区方針】
◆RIテーマおよびロータリーの目標の達成を目指して、ロータリー活動を推進する。
◆全てのロータリー活動が、リーダーとしての「人材育成」となることに重点をおく。
◆ロータリーのプログラムを積極的に支援し、ロータリーと地域社会、世界とのつながりを深める。
◆ロータリアンがクラブ並びにRIや地区への関心を高め、多くの会員の参画を求める。
◆持続可能な発展に資する奉仕活動の推進。(ロータリー奉仕デーの実施)
◆オンライン会合のサポート

【目 標】
1.参加者の基盤を広げましょう
*会員増強
(各クラブ純増2名を目指しましょう。会員を増やすことも大切ですが、退会者を出さないことがさらに重要です。(みんなが一人を入会させよう)
*RLI・RYLAへの会員の理解を深め積極的参加の促進
*インターアクトクラブ活動を支援し、良きリーダーとなるよう育成する
*青少年交換プログラムへの支援、協力

2.IT活用の推進
*「My Rotaryへの登録を促進」
(現在38%の登録者数を70%に努力する)
(My Rotaryには、多くの情報が提供されています。会員の皆様には、ぜひ登録していただき、活用をおねがいいたします。)
*「ロータリークラブセントラルへの全クラブ登録を促進」

3.公共イメージの向上
*「ロータリー奉仕デー」を意識した活動及び広報(SNSの活用)支援
*ロータリーの公共イメージと認知度の向上を図る。
*地区SNSにより活動を内外に発信する。

4.クラブ戦略計画の策定を推奨する
私たちが所属するクラブの現状をまず把握してください。会員の年齢構成、女性会員の割合、活画の評価などです。5年後、どのようなクラブになりたいかを自問し、クラブが会員により多くの価値をもたらす方法を考えるべきであります。
この問題に必要なのが、クラブの戦略計画です。私達は、現在を、そして未来の姿を考えて行動を起こそうではありませんか。

5.行動計画・ビジョン声明策定の奨励
*組織、会員、プロジェクト支援、さまざまな機会、ロータリーのビジョンを支える活動を導くことで、過去を称えるとともに未来を受け入れることを目的とする。
*ロータリー活動に参加できる機会の提供
「より大きなインパクトをもたらす」「参加者の基盤を広げる」「参加者の積極的なかかわりを促す」「適応力を高める」

6.ロータリー財団の活用と支援
*地区補助金を活用した地域社会への貢献
*グローバル補助金を活用した国際社会への貢献
*公平性の高い財団寄付の推進
「年次基金 一人 年間150ドル」の達成

7.ポリオ根絶活動の推進
  *ポリオを根絶し、ロータリーの役割を強調する。
「一人 年間30ドル」の寄付の達成

8.米山記念奨学会の支援
   *米山奨学生が会員との交流を通じて、ロータリーに対する理解を深め、国際親善の積極的な推進を図るようにする。
「一人 年間19.000円」の寄付

9.RI会長賞受賞への挑戦の推奨
*クラブセントラル活用を促進し、RI会長賞受賞を支援する

10.各種集会の基本的考え方
2020-21年度開催する次年度を対象とする聞く行事、2021-22年度内開催する地区行事は、地域新興感染症発生状況を眺めながら、三密を回避するために、オンライン、ないしはハイブリット型(人数制限した会場とオンラインの併用)を模索する。
ガバナー公式訪問に関しては、原則、各クラブ入りを予定するが、感染症発生状況、三密回避できない場合には出席人数の制限又はオンライン化も検討する。
例会のご案内毎週水曜日、下記の会場で例会を開催しております。

例 会 場 : ホテルニューイタヤ
例 会 日 : 毎週水曜日
例会時間 : 午後12時30分~1時30分

〒320-0811 栃木県宇都宮市大通り2-4-6
TEL 028(635)5511(代)
URL http://newitaya.com/

Contact Us宇都宮南ロータリークラブ